大明神沢と大斜面

根子岳を今年も沢山行き、色んなものを感じることが出来ました。
春も3月26日と4月3日に根子岳へ行ってみました。まだ滑っていない斜面の開拓と滑っている斜面をもっと楽しく滑るために行ってみました。その日は誰も滑っていなかった、すべてファーストトラックをいただいた。

dainyojin1

大明神沢の上部から。四阿山から根子岳に上ってきた登山者の足跡が尾根沿いにありました。

dainyojin2

根子山頂から四阿山へ200メートル下ったところに広がる緩やかなかまぼこ状の沢。

根子岳で今のところ一番滑り応えのある斜面。斜面が広く、松の木とダケカンバがあるが気にならない。
登り返して2本滑った。
上部が30度くらいの斜度で急斜面のバランス感覚を少し味わえる。下部は小高い丘まで気持ちよくクルージングができる。
薄ら新雪が乗っかっていていいコンディションだった。山の装備が必要な場所です。

daishamen1

スノーキャットで気軽に行ける長い距離と広い斜面で定番コースの大斜面。

スノーキャット降り場付近から標高差150~200メートルくらいを滑れる大斜面上部。
木に名前を付けて位置を覚えればノンストップで楽しめれる斜度20度くらいの沢斜面。雪が溜まりやすく楽しめる。
滑ったときは湿雪。しっかり撥水性ワックスをスキーに塗って楽しませてもらった。

daishamen2

大斜面下部(避難小屋上部)。春になり斜面もU字型になってきていた。ここも障害物がなく広々としている斜面。斜度は20~15度ほどで緩やかでワイワイ楽しめる。
滑ったときは湿雪と風によるフィルムクラスト(写真左寄り)。ターンをすると「パリ、シャリ~」と音を奏でてくれた。

今シーズンはパウダー、クラスト、湿雪、アイスバーンなど色々な雪に出会った。楽しめた時もあれば、難しかった時もあった。

根子岳は山の入門とよく言われる。だけど、なめてちゃ痛い目に合うだろう。
絶対かなわない自然の領域だから。

だからこそ、自分の身の丈を知って、笑ってハッピーに遊ばしてもらえる範囲を見つける。
根子岳は優しくそれを教えてくれる。

思いっきり楽しめた時、その斜面に「ありがとう!ごちそうさま!」と言いたくなる。

やっつけられた時、その斜面に向かって「やられた。。。やるな~くやしー!」と言う。
そしてもう一つ「まだまだなところを教えてくれてありがとう!」とも思う。