感じるスキー

オフピステスキーは学ぶことが多い。

地形を観察しながら滑るコースをイメージする。

どこを滑ったら楽しめるのか、面白いのか。笑いがあるのか。

大きいターン、小さいターン、ズラすターン、キレるターン。
地形に合わせて、できるだけ斜面に負荷をかけないで滑りきる。

転ばないためにバランスも大切にする。

両スキーが踏めているか、脚のスタンスがそろっているか。
脚の関節が素直に動くか、真っ直ぐか。
脚だけじゃなくて全身で動けているか。
スキー・ブーツ・ウェア・ゴーグル、バックパックはフィットしているか、外れていないか。

五感もフル活動だ。

前後左右、周りを見ながら滑る。
音も聞く。
顔に当たる風も感じる。
当然、匂いも嗅ぐ。

滑りながら味覚は使えないが、パウダーが舞い上がり、口の中に入ってきたら雪質を味わう。

そして、できるだけイメージ通りに滑りたい時は、

滑りながら自分に喋りかけれているか。
「いいぞ、その感じ」「まだまだもっとだ」「ここで○○」
普段レッスンで言っていることを自分に言う。
滑りながら笑顔になる、表情をつくる~すげー大切だ。

案外ゲレンデでも同じことを感じながら滑っている。

どういう滑りが正しいかではなくて、ここをどうやって滑ると楽しいかを自分の引出しから見つけ出す、創り出す。

引出しを増やすために経験は大事だわさぁ~。

hakuba1hakuba2

白馬小蓮華付近金山沢から栂池自然園へ4/23。
雪質は表面がクラスト。尾根寄りから広い丘まで滑りきる。上部はターンすると表面の雪がシャリシャリ~と音を奏でながら自分についてきた。日の当たる下部も気温が低かったおかげで滑る雪だった。

tokachi1

十勝岳の1700mから1200m付近まで5/29・30
tokachi2

今日はスタート前におにぎり。やっぱうまい。あそこまで滑るど。
tokachi3

ノンストップで滑り降りた。上部はいい斜度感で気持ちよかった。途中狭い岩間をシャ~シャ~と小回りして、出来るだけスピードを殺さずに滑りきった。追い風のおかげで1.5倍の迫力のあるスキーができた。火口からの温泉のような匂いも感じれて良かった。