Asahidake Feb 2012

Exif_JPEG_PICTURE

2月27日、朝一番の羽田―旭川行きのフライトでアンドー、由里子、あーちゃん、こばまこ(インフル欠席)で旭岳へ出発した。羽田空港から飛行機とレンタカーの乗り継ぎで所要時間は約3時間。AM10:00にはスキーができるくらいだから東京-菅平と変わらない移動時間だ。

ホテル・温泉なども揃っているからのんびり滞在もできる。温泉に入って、ゆっくりご飯を楽しめる。今回はロープウェイに一番近い万世閣ベアモンテに滞在。

asa1

旭岳はロープウェイが1本ありその周りを滑るのが一般的。誘導コースがあり圧雪されている。ファット系の道具でオフピステを滑りに来るスタイルの人が多く、雪が降ればハイクせず気軽にパウダーを楽しむことができる。毎週関西から通っているフリークの人もいるくらいだ。

コースはないようなものなので尾根や沢のラインをどこでも好きに滑れる。ハイクをすればもっと広い斜面でバックカントリーエリアへ入れるそうだが、今回はロープウェイ周辺を友人のTAKAさん(写真家兼テレマーカー)に連れて行ってもらった。
スキー場ではないので、自分のレベルに合わせた自己完結な自己責任が基本となる。
それから想像してほしいのは樹齢数百年の針葉樹・広葉樹のモコモコな雪景色。見るだけでもココロが洗われた。木がデカイ!パワースポットだ。

asa1

斜面は気持ちよく滑れるものから入り組んだものまで色々。その中でウチらが滑ったところは急斜面の林間でアグレッシブなところが多かった。人が入っていなくて雪が溜まっているところを探すと「あるじゃないか、いい斜面」となり少々テクニカルになる。それでも平日だから貸し切り状態。好きなだけ滑りたいところをいただいた。

林間は月山などで慣れていると余裕をぶっこいていた。ダケカンバ林はヒューヒュー言いながらブナ林のようにアタックできた。木の間隔も広く滑りやすいし雪がバフバフで最高だった。

しかし、マツ林は最初ビビッた。針葉樹だから木の間隔が狭く、幹がデカいから前は見えない。斜度が30度くらいの斜面だけどスペースが狭く感じて切り換えが無理やりになりターンがガチャガチャした。

マツ林はチビりながらも何本か滑るうちに慣れていった。雪が溜まってモコモコ盛りあがり、フワフワ動かされる感覚。コブのアップダウンする感じに似てるわ。わかってくるとコブ好きにはたまらない浮遊感。行くしかないでしょマツ林!

「木を見ずに雪を見る」「木の幹に溜まる雪のモッコリ面で切り換えるとラク」「木を通り過ぎる時はニュートラル・脱力」「カラダはフォールラインに向く」などの慣れないシチュエーションをカラダいっぱいに感じて上から下からじっくり観察した。経験豊富なTAKAさんのアドバイスもためになった。TAKAさんは力の抜けたいい滑りしてたなぁ。おかげでツリーランが楽しめた。

asa4

天気は毎日雪で視界が悪く、旭岳山頂の全貌が見れなかったのは残念だったが、人が少なく好き放題滑れた。降り続く雪はどんどん軽くなって木の中は最高なパウダーゾーンとなった。  状況に合わせてみんなで楽しめて良かった。いっぱい遊び、楽しみ、食べ、笑い、ためになった旭岳だった。    滑り終えた最終日は旭岳から札幌に移動してジンギスカンや味噌ラーメン、サッポロクラシックと北海道グルメもガっツいた。満腹~ごちそうさまでした。